• 日時:2018年9月2日(日)14時~16時(13時半開場)
  • 場所:東京堂ホール
    東京都千代田区神田神保町1-17東京堂書店6階
    ■東京メトロ半蔵門線・都営新宿線・三田線「神保町駅」A7出口より徒歩3分
    ■JR「御茶ノ水駅」 御茶ノ水橋口より徒歩8分
  • 申込方法:Peatix で事前にお申込みください。
    http://ptix.at/q8MTuF
  • 参加費:2000円 (500円の図書カードプレゼント付き)
  • 定員:60名(先着順)

セルバンテスの『ドン・キホーテ』から、ガルシア=マルケス、ボラーニョまで、注目の作品を数多く生み出してきたスペイン語文学。その研究・翻訳の第一人者で、近く訳書『二十世紀ラテンアメリカ短篇選』(岩波書店)が刊行になる野谷文昭さんと、鋭い書評でガイブン応援団として知られる豊﨑由美さんが、ラテンアメリカ文学のおもしろさ、今とこれからをとことん語ります。

スペイン語文学の翻訳を応援しようと、イスパJPは今年度から秋に文学イベントを開催することにしました。記念すべき第1回は、イスパJP特別顧問である野谷文昭さんと書評家の豊崎由美さんの対談です。ふるってご参加ください。

野谷文昭(のや ふみあき)
名古屋外国語大学教授。東京大学名誉教授。専門は、スペイン語文学と文化。訳書にガルシア=マルケス『予告された殺人の記録』、ボルヘス『七つの夜』、プイグ『蜘蛛女のキス』、コルタサル『愛しのグレンダ』、ボラーニョ『2666』『チリ夜想曲』『アメリカ大陸のナチ文学』、セルバンテス『ポケットマスターピース⒔ セルバンテス』等。著書に『マジカル・ラテン・ミステリー・ツアー』『ラテンにキスせよ』『越境するラテンアメリカ』等がある。ブニュエル作品など映画の字幕も数多く手掛けている。

豊﨑由美(とよざき ゆみ)
ライター、書評家。「TV Bros.」「共同通信」「週刊新潮」などで書評を多数掲載。「新文化」で「トヨザキ社長の書評家的日常」を連載中。主な著書に『勝てる読書』(河出書房新社)、『ニッポンの書評』(光文社新書)、『文学賞メッタ斬り!』シリーズ&『村上春樹「騎士団長殺し」メッタ斬り!』(大森望氏との共著)、『まるでダメ男じゃん! 「トホホ男子」で読む、百年ちょっとの名作23選』(筑摩書房)などがある。Twitterアカウントは@toyozakishatyou

主催:イスパニカ文化経済交流協会(イスパjp)
お問合せ: trad@hispajp.org
後援:インスティトゥト・セルバンテス東京