読書の秋に向けてイスパJPでは、下記のとおり、第2回スペイン語文学イベントを企画いたしました。
この秋『テクストとしての都市メキシコDF』(東京外国語大学出版会)を刊行する柳原孝敦さんをお迎えし、
スペイン語文学の豊かさ、おもしろさを語っていただきます。

お申し込みはPeatix からになります。
スペイン語圏にさらに親しむ絶好の機会。お知り合いにも声をかけて、ふるってご参加ください。

講演「メキシコから読むスペイン語文学の愉しみ」

  • 日時:2019年11月14日(木)19時〜20時30分(18時30分開場)
  • 講師:柳原孝敦氏(東京大学教授・スペイン語文学者)
  • 場所:文京区立不忍通りふれあい館ホール
    東京メトロ千代田線「根津駅」根津交差点出口から徒歩2分
  • 申込方法  Peatixで事前にお申込みください。
    https://hispajp2019.peatix.com
  • 参加費:1200円
  • 定員: 70名(先着順)
  • イベント案内チラシ

 

柳原孝敦氏プロフィール

東京大学文学部現代文芸論研究室教授。専門は、スペイン語文学・現代文芸論。
著書『ラテンアメリカ主義のレトリック』(エディマン)、
『テクストとしての都市メキシコDF』(東京外国語大学出版会)など。
訳書にアレホ・カルペンティエール『春の祭典』(国書刊行会)、
ロベルト・ボラーニョ『野生の探偵たち』(共訳)、『第三帝国』(共に白水社)、
フアン・ガブリエル・バスケス『物が落ちる音』(松籟社)、セサル・アイラ『文学会議』(新潮社)、
『グルブ消息不明』(東宣出版)など多数。現在、書肆侃侃房のwebサイトで「亜熱帯から来た男」、
NHKラジオテキスト『まいにちスペイン語』(NHK出版)で「スペイン語文学の現在」を連載中。
ブログhttp://criollisimo-cafecriollo.blogspot.com