留学生の派遣や、スペイン語圏を知る講座、スペイン語圏の人と交流できるイベント、スペイン語の言語支援など、日本とスペイン語圏の架け橋になるさまざまな活動を行っています。

最新ブログ

  • HOME »
  • 最新ブログ

連載8:チリの思い出 その4

「チリ製品対日輸出奮戦記―ボトル・ワインとサーモン」   チリ産品の対日輸出への支援は、ジェトロ・サンテイアゴ事務所の重要な課題であった。課題達成のために、チリの輸出可能品目の調査、情報提供、広報等を熱心に行っ …

連載7:チリの思い出 その3

「チリ・カマラOB会の話」   チリは、一度でも駐在するとほとんどの人が好きになって帰国するという不思議な国である。親切で、ホスピタリテイ精神やボランテイア精神にあふれた国民である。加えて、気候(Weather …

連載6:チリの思い出 その2

「チリの有力媒体に寄稿とその活用」   駐在当時のジェトロ・サンテイアゴ事務所のナショナル・スタッフのダリオ・グスマン氏は、極めて有能で大いに助けられた。同氏は、その後、ジェトロを退職し、チリ貿易発展局(PRO …

連載5:チリの思い出 その1

チリのサンテイアゴには、1984年12月から89年6月まで、4年半という長期にわたり駐在であった。この連載は、その当時の思い出である。   「緊急事態令の経験」   チリのサンテイアゴに着任したのは、 …

連載4:メキシコの思い出 その2

「各国大使館の文化広報活動」   メキシコ駐在時に関心を持ったテーマがあった。各国大使館がどのような文化広報活動を行っているかということである。日本は伝統的に、情報発信は得意ではない。そこで外国大使館の文化広報 …

連載3:メキシコの思い出 その1

メキシコには、1974年から77年まで駐在した。以下はその時の話である。今は、いろいろな面で変化していると思われるので、当時の話として理解していただきたい。   「メキシコで道を聞く」   スペインや …

連載2:初めてのスペインで驚いたこと その2

「スペイン人を黙らせるには」   スペイン人やラテン人は会話に興じるのが大好きである。例えば、5人で会話するとすれば、1人が話せる時間配分は、計算上5分の1のはずである。ところが、少数の例外を除き、日本人はそう …

« 1 6 7 8 »
PAGETOP
Copyright © NPO法人 イスパニカ文化経済交流協会 All Rights Reserved.